有償での処分と無償での処分との違いについて見てみよう

様々なパソコン廃棄の方法

メーカーへのパソコン廃棄依頼は有償になる

パソコンを購入したメーカーに対してパソコン廃棄依頼をすると、安いもので約3000円程度から内容によっては10000円以上になることもあります。料金はメーカーや処分するパソコンのデータ量などでも変わってくることもあります。

不用品回収業者に依頼すると無償で回収してくれます。

パソコンの状態によって無償かどうかが変わりますが、まだ使用できるパソコンであれば買い取りをしてくれることもあります。その理由としては、使えるパソコンの場合は業者が引取後に中古パソコンとして再販することがあるためです。

便利になったパソコン、そして難しくなったパソコン

パソコンは今もなお日々進化を続けており、処理速度や画質など年々向上していってます。しかし、便利な機能を備えたものは、その機能を搭載した機器の処分が難しいというところもあります。性能が高くなった分、個人でのデータ消去では対応しきれないという部分も出てくることでしょう。

最新技術でパソコンのデータを完全消去

昔から使用されているHDDの記憶媒体に加え、最近多くなってきた記憶媒体がSSDです。SSDはHDDよりも読み書きの速度が早くできることで人気が高まってきています。便利である反面、データの完全消去は難しいとされています。しかし、そんなSSDのデータもしっかり削除することができる業者もいるので、SSD搭載のパソコンを処分する際はそういった業者を探してみましょう。

広告募集中