業者ごとに異なる対応方法や料金を確認しよう

買い取り業者による違い

パソコンのリユースを行っている業者の利点

パソコンのリユース、つまり再販を行っている業者は無償での引き取りまたは買い取りを行って、再販できるかどうかが鍵になります。例えば、今ではほとんど見かけなくなったようなブラウン管式のモニターだと現代において購入される可能性も少ないため、買い取りをしてもらえない可能性があります。また、再販として使うためHDD内のデータ消去などの対応も行ってくれます。

地方自治体が設置した回収BOXの利点

回収BOXの場合はショップなどと違って、パソコンのみではなくその周辺部品(プリンターやスキャナーなど)も一緒に引き取ってもらえます。ただし、地方自治体が行っているサービスであるだけに、地方によってはそういったBOXを設置していないところや回収できるものに制限があるなど、ルールが異なってくるので必ずしも良いとは一概には言えません。また、業者ではないのでデータの消去などは事前に自分で行っておくことが推奨されます。他の利点としては、地方自治体であるため、自宅からさほど距離が発生しないところかもしれません。

パソコンメーカーに引き取ってもらう際の利点

メーカーの場合は、法律によって決められているPCリサイクルマークのあるなしで有料かどうかが決まります。もし、PCリサイクルマークがある場合には一番安心して預けられるのはやはり製造元であるパソコンメーカーでしょう。気をつけるべき点としては自社メーカーのパソコンしか買い取ってくれないという部分です。複数台のパソコンを所持していて、且つ別メーカーのものを処分したいという場合でも、自社メーカー以外は買い取りできないということで断られてしまうでしょう。メーカーから直接購入しているのであれば、一番信頼できるメーカーへ引き取りを任せるとよいでしょう。

パソコン専門店で買い取りしてもらう際の利点

専門店での買い取りをしてもらうのは、タイミングが重要です。基本的に専門店というのはパソコンを取り扱ってこそいますが、当然売ることが目的であり買い取りや処分というのはついでであるため、下取りでの処分が前提になるでしょう。しかし、この下取りはパソコンの購入予定があるという場合には、そのパソコンを下取りで値下げするのに役立つでしょう。

広告募集中